テーマ:日本人類学会

人類学会の催し 「ダーウィンと人類進化」

私が会長をしている日本人類学会が行う催し物があります。このたび文科省の研究成果公開促進費の交付が内定しましたので、ここにご紹介しておきます。 日本人類学会公開シンポジウム「ダーウィンと人類進化」 11月3日、東京大学理学部2号館講堂 今年は、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの生誕200周年です。この機会を利用して、大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ開花 定年祝賀会

昨日は上野公園内の精養軒で国立科学博物館の人類学研究部長・馬場悠男先生の定年退官祝賀会がありました。折しも公園のサクラは今日開花し、大勢の観光客が写真を撮影していました。 3月は卒業式の季節ですが、また大学や研究所の先生の定年の季節でもあります。馬場先生は日本人類学会の前会長として学会運営に力を振るわれましたが、何といって…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ある最終講義

3月は大学を定年になる教授の最終講義があちこちの大学で開かれます。昨日は、京都大学理学部の片山一道教授の最終講義が東京のお茶の水女子大学で開催されました。 この最終講義はお茶の水女子大学教授で日本人類学会和文誌編集長の松浦秀治教授が毎年主催している人類科学集会の講演の一環として開催され、100名近い人類学者が集まりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第62回日本人類学会 その2 AS論文奨励賞

日本人類学会が出版しているAnthropological Science という英文誌があります。この雑誌に投稿された論文の中から、優秀なものを選考し、AS論文奨励賞という賞を授与します。今年は坂平文平氏と江木直子氏に授与されました。対象論文は下記です。 坂平文博: 古代DNA分析による中世専業集落の形成過程の検討、村松白…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第62回日本人類学会

第62回日本人類学会が愛知学院大学歯学部で開催されています。キャンパスは名古屋の地下鉄東山線本山駅から歩いて5分ほどの住宅街の中にあります。 ツタのからまる校舎が大学の歴史を感じさせます。創立132年ということです。 今日は一般市民向けの公開シンポジウム「人類と病気のかかわり、ダーウィン医学的発想」が開催され…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

アイヌ人骨慰霊 イチャルパ

札幌医科大学解剖学教室には多数のアイヌ人骨が保管されています。これらの遺骨の霊を慰めるために毎年、アイの人たちによる「イチャルパ」という儀式が行われていますが、それに参加してきました。 ウタリ協会主催、札幌医科大学、日本人類学会協賛という形で行われました。上は儀式に参加したアイヌの人たちです。男はアットゥシという樹皮で出来…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

戦争と人類学

昨日は東京大学において「戦争と人類学」という日本学術会議主催の公開シンポジウムが開催されました。日本人類学会、日本文化人類学会、日本霊長類学会などが後援しました。 日曜日にもかかわらず、一般の方を中心に140人の方々が集まり、3題の講演とパネルディスカッションなどを聞きました。 講演の内容は次の通りです。 中橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人類学会 1

私が深く関わっている学会の一つに日本人類学会があります。現在この学会の国外渉外理事をやっていますが、一昨日の土曜日、国立科学博物館で理事会が開催されました。馬場悠男会長以下、8名の理事が集まり、7月に行われた次期会長選挙、10月に行われる理事選挙、11月に開催される学術大会のことや総会での会計決算などについて話し合われました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人類学会 その2

人類学会には松戸歯学部から次のような発表がありました。 ●現代日本人における下顎隆起の出現頻度についてー10歳代における観察ー ●ターナー症候群に現れる遠心舌側咬頭の退化について ●スリランカ人上顎小臼歯における歯根と歯根管の形態について ●人類学国際組織の動向 最近では基礎研究の部門でも現実の産業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more