テーマ:解剖実習

解剖学実習見学

本日は北原学院の昼間部、夜間部の一年生を引率して、日本大学松戸歯学部の解剖学実習を見学しました。 医療系の専門学校の学生にとって、医学・歯学の実習を見ておくことは極めて大事です。特に解剖学は人体の内部を観察するということばかりでなく、献体という行為が医学を支えているということを知るためにも重要です。 学生にもその目的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年度の解剖学実習開始

10月10日から今年度の解剖学実習が始まりました。 10月は月曜の休みが多いため、10日(土曜)が振替の授業の日になりました。 三連休の初日ですが、そんなことは言ってられません。今年度も解剖学実習にあたっての心構えと、解剖学の歴史、白菊会など献体の組織のことをお話しし、厳粛な雰囲気の中で実習が始まりました。 今日は、第1回目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解剖実習開始

いよいよ昨日から解剖学実習が始まりました。昨日は実習に先立って、解剖学の世界で昔から言われているラテン語を紹介しました。 Mortui vivos docent 英語に直すと、 Let the dead teach the living. 死体が生を教える。 死体から学ぼう。 よく「屍は師なり」と訳されていま…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

薬学部の実習見学

本日は日本大学薬学部の解剖学実習見学がありました。パラメディカルの実習見学は増加の一途をたどっています。我々の学部でも看護学校をはじめ、歯科衛生士の学校、産業療法士、理学療法士の学校、カイロプラクティックの学校、教育学部の学生、薬学部の学生などを受け入れています。 法律では大学の医学部と歯学部でしか解剖学実習はできないこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

解剖学と文学 2

1988年の第100回芥川賞は南木佳士の「ダイヤモンドダスト」でした。南木佳士は佐久総合病院に勤務する医師で作家です。ダイヤモンドダストは死と日常的に直面する医師という職業から見た矛盾について書いた小説でしたが、その後「医学生」という小説も発表しています。 こちらは解剖学実習で同じ班になった4人の医学部時代から中年になるまでの軌跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実習テスト

今日の実習テストの解答です。 1.下唇動脈▲   2.側頭筋   3.頬筋   4.後頭動脈    5.横隔神経   6.前斜角筋   7.迷走神経  8.下頭斜筋▲ 9.横隔膜  10.内肋間筋   11.関節円板(胸鎖関節) 12.上後鋸筋●  13.内腹斜筋  14.下腹壁動脈 15.最長筋 16.中殿筋  17.橈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more