テーマ:解剖学

最終講義

1月30日、2年生に向けて最終講義を行いました。 解剖学実習の最終日だったので、それらしい話題をということで、 学生の将来と解剖学とのかかわり、ということと解剖学そのものの 将来というような話をしました。 解剖学も昔と今ではずいぶん変化しています。 昔は解剖は解剖、という感じで解剖学の体系を学ぶという形でしたが、 最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬学部の見学

解剖学実習の見学には医療系の大学や専門学校など多くの学校が来ます。今日は今年の最後として日本大学薬学部学生280名が見学しました。学部長の草間先生自ら学生を引き連れてきてくれました。 医学部歯学部以外の医療系大学での解剖学は、講義と教科書の勉強で終わるのが普通ですが、日本大学薬学部では松戸歯学部と連携して解剖実習見学を取り入れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊紹介 21 プロメテウス解剖学アトラス

医学書院から「プロメテウス解剖学アトラス」の「頭部/神経解剖」が出版されました。翻訳に参加しましたので紹介したいと思います。 「プロメテウス解剖学アトラス」はドイツで2004年から2006年にかけてThieme社から出版された解剖学書です。全3巻構成で、すでに「解剖学総論/運動器系」「頸部/胸部/腹部・骨盤部」もすでに日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解剖クロスワード

学園祭のプログラムが配られ、いよいよ今週末の学園祭ムードが高まってきました。さて、昨年解剖学実習室の周辺で配布して好評を博しました解剖クロスワードを公開します。 やっていただければわかりますが、解剖学用語が多いので一般の人にはムズカシイかなと思います。医学・歯学・看護学をやった人なら何とか解けるかと思います。現在解剖学をや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解剖学の教科書・参考書 その1

 そろそろ新学期も近づいてきたので解剖学の参考書や教科書の話でもしましょう。解剖学は古い学問ですから昔からたくさんありますが、はじめに「グレイの解剖学」を紹介します。1858年にイギリスのヘンリー・グレイという解剖学者が書いた Gray’s Anatomy は現在使われている解剖学の本としては最も古いもので、なおかつ世界中で読まれて…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more