新刊紹介 37 グレイ解剖学 原著第2版

画像


新しい解剖学の教科書として定評のある「グレイ解剖学」の改訂版が出ました。初版よりさらに厚く、重たくなり、気軽に持ち歩くというのは難しくなってきましたが、内容はさらに充実しました。

グレイの解剖学、Gray's Anatomy というのはもともと150年以上前の1858年にイギリスで出版された解剖学書で、欧米では解剖学のバイブルといわれるほど定評のある書籍です。これはその後版を重ねて、今では40版を重ね、持ち運びが困難なほどの大冊になっています。 

日本語版「グレイ解剖学」は、これを訳したものではなく、その姉妹本として出版されたGray's Anatomy for Students という本を日本語にしたもので2007年9月に出版されました。日本語訳の題名には「学生版」という言葉はありません。これは恐らく営業面を考えてのことかと思いますが、少し混乱します。

しかし、本物のGray`s Anatomy が系統解剖学に準拠した、古典的解剖学としてのバイブルであるとすれば、こちらの「学生版」は臨床解剖学に重きを置いた記述になっており、同じグレイの解剖学とはいえ、別の本であるといってよいでしょう。学生版のコンセプトはプロフェッショナル用の本を学生向きに簡略化した、という意味ではなく、難解で時間のかかる系統解剖学に対し、現代の医学教育で必要とされる臨床解剖学を前面に出した教科書であるといえます。解剖学的記載事項は、医学教育の中ではまずこのレベルで十分でしょう。それぞれの構造のさらに詳しい変異などについては、図書館へ行ってGray`s Anatomyを参照すればよいと思います。

本書の特徴として次のようなことがあげられます。

医学教育全体の目標が、臨床医を育てることにシフトしている現在、臨床的な事柄から解剖学へ入ってゆく、という記述になっています。これは3人の著者(Drs. Drake, Vogl, Mitchell)がそれぞれ、外科、解剖、放射線を専門にしていることから分かります。

今の大学教育で広まっているPBL(Problem Based Learning)方式を取り入れ、随所に臨床症例が挿入され、それに関連した解剖学的説明がわかりやすい図とともに掲載されています。とくに画像診断については詳しく説明されています。これは古い解剖学書とは大きく異なるところです。

全体の構成が、局所解剖学的になっています。すなわち、章建てが、画像診断、背部、胸部、腹部、骨盤と会陰、下肢、上肢、のようになっており、いわゆる従来の系統解剖学で採用されている、骨格系、筋肉系、循環器系・・・のような構成にはなっていません。 

図はすべて新しく書き下ろされたもので、カラフルで分かりやすくなっています。新しい角度からの図も多く採用されています。全体としては活字のスペースよりも図や写真のスペースが圧倒的に多くなっています。

画像


今回の改訂は4年を経過した初版をより使いやすく、より見やすい図を加え、さらにホームページを通じて図のダウンロードを可能にするという、かなり大きな改定となりました。

エルゼビア社の宣伝には次のようにあります。

1.オンラインサービス「STUDENT CONSULT」(無料/英語版)アクセス機能付き
2.本書の理解をさらに深めるべく総論(第1章「器官系」、「臨床症例」)を増設
3.臨床に関係する箇所はグリーンでハイライト。解剖学的知識が臨床問題の解決にいかに重要であるかを視覚的にも示唆
4.通常の和文・欧文索引とは別に「臨床関連事項一覧」のみの索引を新設
5.臨床画像が高品質となり、本書の特徴であるイラストもさらにグレードアップ

口腔解剖の範囲では、たとえば上顎洞や篩骨洞の構造が、きわめてわかりやすいイラストで示されていることが特筆されます。これらのイラストは、メディカル・イラストレーターという専門職の人によって描かれるわけですが、そのような専門職のない日本では新しい解剖学書の出版は難しい状況にあります。そういう意味で、解剖学の新しい時代を象徴しているのが本書である、といってもよいと思います。


翻訳は、塩田浩平(京都大学教授)、瀬口春道(神戸女子大学教授、高知大学名誉教授)、大谷 浩(島根大学教授)、杉本哲夫(関西医科大学教授)

出版社: エルゼビア・ジャパン (2011/08/31)

価格:¥ 10,500 (税込)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Charlesamask
2017年07月12日 16:56
Buy advair diskus
The average duration of adjunctive therapy was 7 days in the Levofloxacin arm and 7 days in the comparator. Clinical success rates in clinically and microbiologically evaluable patients at the post-therapy visit primary study endpoint assessed on day 3窶�15 after completing therapy were 58. Table 11: Clinical Success Rates and Bacteriological Eradication Rates Nosocomial Pneumonia Pathogen N Levofloxacin No. Buy lamictal dispersible

http://rxonlist.com/eulexin http://rxonlist.com/requip
Danielmek
2018年01月16日 13:21
ヌ蓿珞糒鶯�! ��鸙�燾� � 籵� 鶯!
ヘ璧褄 竟四角数字1� 矜銛 �竟�: ヒ電話� 頌四角数字0韃 ��� 2017 ⅳ下矢印1 http://kinorulez.ru/
メ: http://kinorulez.ru/uzhasy/12025-novaya-era-z-the-girl-with-all-the-gifts-2016.html ム�ⅳ下矢印1 ヘ魵� �[] Z / The Girl with All the Gifts (2016) �溿琺� 砒�瑣濵
メ: http://kinorulez.ru/news/9642-benedikt-kamberbetch-stal-modelyu-androginom-dlya-novoy-komedii.html
http://kinorulez.ru/luchshaya-fantastika-spisok-smotret-onlayn/ ヒ喫煙� 炅瑰四角数字4�� 2017 頌鶴
2017 頌鶴 �喫煙� 炅瑰四角数字4��
ヘ魵竟�� 2017 �電話� �褄鮏[]�� ヘ魵竟�� 2017 �電話� �褄鮏[]��

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 新刊紹介 37 グレイ解剖学 原著第2版 森を歩こう人体編/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-07 00:50