森を歩こう人体編

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨大地震

<<   作成日時 : 2011/03/12 18:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マグニチュード8.8、史上最大の地震、東北地方太平洋地震が起こりました。

松戸でも震度6でした。
午後、研究室でパソコンを使っているときにおこりました。はじめは、いつもの様な震度3程度の地震かなと思っていましたが、見る見るうちに大きくなり、これは尋常じゃないぞと思い始めたとき、壁にそって立っていた本棚が倒れ、重たい解剖学の本などが崩落しました。同時にさっきまで使っていたデスクトップのパソコンがディスプレイもろとも机から落ちました。私は本棚をよける形で窓際に身を寄せ、少し揺れが弱まった時に本棚の裏に回って廊下に出、階段を伝って外へ出ました。すでに多くの大学の人たちが避難して、校舎の前に集まっていました。皆、口々に怖かった、恐ろしかったと体を震わせていました。

画像


上が私の研究室です。
倒れた本棚は、真ん中にある書棚のおかげで途中でストップしています。私の机は書棚の向こうにあります。書棚の向こうも、こちらも分厚い本の洪水となりました。左手前にある食器棚の皿やコップも全部床に落ちて割れました。

本当に恐ろしい揺れでした。昭和45年ごろの4階建てビルです。私たちの研究室は4階だったので特に揺れが大きかったようです。ビルごと崩落するとは思ってはいなかったものの、最大の揺れの時はそんなことも頭によぎりました。恐怖の瞬間でした。

この日はちょうど第2次入学試験の最中で、面接試験が行われていましたが、適切な誘導で受験生は無事に外へ避難できました。学部長以下、グランウンドに集まり、病院患者の搬出、緊急連絡、各部署点検などが進み、これほどの大地震でしたが、大きな人身事故はなくてよかったと思いました。

地震が静まってから教室の仲間と一緒に研究室を見に行きましたが、手のつけられない状況で、すべて来週に復旧作業をやりましょうということで別れました。

この日は電車はすべて止まったので、大学に泊った人もたくさんいました。私は時々泊る柏の母親のアパートまで1時間半をかけて歩きました。国道6号線沿いは歩く人がたくさんいました。車は大渋滞、もちろん空のタクシーは走っていません。地震直後は通じなかった携帯電話ですが、家の電話で家族や友人の無事を確認することができました。

今日も、出張の予定があったのですが、キャンセルになり、のろのろの電車を乗り継いで、上野、御徒町、横浜経由で本宅へ帰りました。4時間かかりました。

家へ着いてメールを見ると、外国からのメールが2通来ていました。大丈夫か、という内容ですが、外国でも今回の地震は大きく報道されていることがよくわかりました。いま、その顛末をメールで返事したところです。

たくさんの犠牲者が出ました。本当に大変な惨事です。亡くなられた方には心からお悔やみを申し上げたいと思います。やけがをされた方、被害を受けた方々にはくれぐれもお見舞いを申し上げます。我々の受けた被害はそれに比べると大したことありませんが、来週は復旧作業に相当な時間がとられそうです。

地震への備えは大切だとは思っていましたが、少し防備が不十分だったかなと反省しています。

下は、准教授や講師の研究室、こちらも被害を受けました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター
巨大地震 森を歩こう人体編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる