夏期骨学セミナーの開催

この夏休みに解剖学教室主催の骨学セミナーを開催いたします。開催の要領は次のようになっていますので、興味のある方はぜひご参加ください。 


日本大学松戸歯学部・夏期骨学セミナー
                             主催 日本大学松戸歯学部
                             協力 日本人類学会 

[目的] 医学、歯学、人類学、考古学、法医学などでは、人間の骨に関する知識が極めて重要であり、時には鑑定などの特殊技能も必要になります。また理科、体育、美術などの教育現場においても、人間の体、特に骨を理解することの重要性が認識されています。本研修は、骨学や骨鑑定の技術を学びたい全ての人を対象に、専門知識を持ったスタッフが講義と実習を行い、広く社会教育・生涯教育への貢献を図るものです。

[対象] 薬学、獣医学、生物学、考古学、体育学、美術を専攻する学生および卒業生、看護、リハビリ、その他の医療系大学、専門学校の学生および卒業生、医学部、歯学部出身者、教員、その他骨学に興味を持つ人

[期間] 2009年8月24日(月)から28日(金)までの5日間

[場所] 日本大学松戸歯学部第3実習室  地図は松戸歯学部ホームページをご覧ください。
    http://www.mascat.nihon-u.ac.jp/about/access.html

[内容] ・日本大学松戸歯学部所蔵の骨格標本を用いた講義と実習・骨学の基本 ・人間の骨の特徴 ・骨の成長・骨の性差
受講者はスケッチブック、筆記用具を持参してください。プリント、図譜などはこちらで用意します。

[講師] 金澤英作(日本大学松戸歯学部教授)など約10名

[人数] 30名まで (部分参加も可としますが、全日程参加者を優先します)

[費用] 参加費 (教材費含む) 全日程 8,000円 (参加日数に応じて割引あり)

[申し込み方法] (1)(2)のいずれか
(1)以下の申込用紙に記入し、下記住所に郵送
(2)申込用紙の内容をEメールにて、下記アドレスに送信

[申し込み締め切り]  8月14日(金)

[郵送先]  〒271−8587 千葉県松戸市栄町西2−870−1
      日本大学松戸歯学部解剖人類形態学講座  五十嵐由里子

[Eメールアドレス] igarashi.yuriko@nihon-u.ac.jp

[電話]  047-360-9317


画像



申込用紙記載事項

氏名            
連絡先 住所(〒        )      
電話   
所属 (学校・勤務先)      
メールアドレス            

参加希望日 (○をつけて下さい) 
     8/24(月)8/25(火)8/26(水)8/27(木)8/28(金)
午前          
午後          

夏期骨学セミナー・スケジュール
     
1日目: 8月24日(月)
ガイダンス 講義: 骨格の概要 講義: 脊柱と椎骨  実習: 骨を並べる 実習: 骨の観察とスケッチ
2日目: 8月25日(火)
講義: 胸郭 講義: 上肢骨 実習: 骨の観察とスケッチ 実習: 骨の観察とスケッチ
3日目: 8月26日(水)
講義: 下肢骨 講義: 関節と運動  実習: 骨の観察とスケッチ 実習: 骨の観察とスケッチ
4日目: 8月27日(木)  
講義: 頭蓋 講義: 頭蓋骨(頭蓋を構成する骨) 実習: 骨の観察とスケッチ 実習: 骨の観察とスケッチ
5日目: 8月28日(金)
講義: 骨の成長 講義: 骨の性差 実習: 骨の観察とスケッチ 実習: 骨の観察とスケッチ  修了証書授与


[参考] 挿絵はベサリウスのファブリカからです。ヒトが犬を噛んでいるのではなく、人間の眼窩を構成する骨を犬で示すとこういう角度になることを示しています。比較解剖学的な意図をもった図です。絵の美しさ、構成の迫力、圧倒されますね。

この記事へのコメント

浦和の5884
2009年07月08日 16:16
ご無沙汰しております。
日本大学松戸歯学部・夏期骨学セミナー27日(木)のみですが参加させていただきます。
よろしくお願い致します。
松戸解剖
2009年07月09日 12:45
浦和の5884様
早速のお申し込みありがとうございました。
かなりベイシックな内容になると思いますが、お役にたてばと思います。お待ちしています。

松戸解剖
2009年07月15日 10:54
次郎様 コメントありがとうございました。
おお、これはすごいですね。骨学実習in Internetですね。松戸のセミナーは、初学者のために触れて、見て、描く、を目的にやろうと思います。科博や東大から古人骨や病理的なものも借りてきて観察しようとも思っています。パソコンも置いて、次郎さんのサイトを開いておきます。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック