森を歩こう人体編

アクセスカウンタ

zoom RSS 新刊紹介 21 プロメテウス解剖学アトラス

<<   作成日時 : 2009/02/20 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


医学書院から「プロメテウス解剖学アトラス」の「頭部/神経解剖」が出版されました。翻訳に参加しましたので紹介したいと思います。

「プロメテウス解剖学アトラス」はドイツで2004年から2006年にかけてThieme社から出版された解剖学書です。全3巻構成で、すでに「解剖学総論/運動器系」「頸部/胸部/腹部・骨盤部」もすでに日本語に翻訳されて出版されています。

本書はドイツの長年の肉眼解剖学の伝統と、21世紀のコンピュータグラフィックスの技術を融合させた、これまでにない解剖学アトラスになっています。CTやMRIなど新しい技術に伴って出てきた画像や知識もたくさん盛り込まれています。

図譜の美しさには目を見張るものがあり、たとえば表紙の頭蓋骨や脳を見るとわかるように、写真なのか、絵なのかひと目ではわかりません。おそらくCGでその両方を組み合わせたものだと思いますが、細部までくっきりと複雑な構造がわかりやすく描かれています。

随所に臨床に応用できる表やチャートも盛り込まれ、構造と機能を結びつけて学ぶことができます。医学部・歯学部の学生はもちろん、脳神経外科、耳鼻咽喉科、頭頸部外科、歯科などの臨床医、またコ・メディカルの方々にもに最適のアトラスでしょう。


画像


訳者は次のようになっています。ドイツ語原本を英訳したものから日本語に訳しましたが、英・独の違いや、日本語にはない概念などがあり、訳出には苦労しました。私は主に神経解剖の部分に携わりました。

五十嵐由里子 日本大学松戸歯学部
上田秀一    独協医科大学医学部
金澤英作    日本大学松戸歯学部
河田光博    京都府立医科大学
北村清一郎   徳島大学歯学部
佐藤二美    東邦大学医学部
仙波恵美子   和歌山県立医科大学
中島祐司    大阪市立大学医学部
八木沼洋行   福島県立医科大学 

本書の構成は次のようになっています。

頭部は 1 頭蓋 2 頭部の筋  3 頭頸部の血管  4 脳神経 5 局所解剖 6 口腔 7 鼻 8 眼と眼窩 9 耳と平衡覚器 10 断面解剖。

神経解剖は、 1 序論  2 脳と脊髄の髄膜  3 脳室系と脳脊髄液  4 終脳 5 間脳 6 脳幹 7 小脳 8 脳の血管 9 脊髄  10 脳の断面解剖  11 自律神経系 12 機能系 。


監訳:坂井 建雄/河田 光博

判型 A4変 頁 432 発行 2009年2月1日 
定価 11,550円 (本体11,000円+税5%) ISBN978-4-260-00603-3

URL
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=10117

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター
新刊紹介 21 プロメテウス解剖学アトラス 森を歩こう人体編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる