大学院入学式

画像


平成20年度の大学院入学式が行われました。今年は27名が入学しました。うち中国からの留学生が4名です。新しい制度の社会人大学院生も入りました。

式は学部次長の挨拶が中国語の通訳入り(韓さん)、大学院担当の挨拶は英語、という具合できわめてインターナショナルなものでした。数年前までは考えられなかったことです。

画像


解剖人類形態学教室には吉田覚君が入りました。研修医を終えて、基礎の大学院へ回帰した熱血漢です。

上の写真は式後の歓迎会のスナップです。吉田君は挨拶で、学部時代の課題研究で解剖人類形態に所属したことが今回の入学の動機になったということを語りました。そうです。彼は課題研究の結果を日本解剖学会で発表し、学生発表優秀賞をとったのでした。

これから4年間、より高度な研究に向かってがんばってほしいと思います。


この記事へのコメント

アデレード君
2008年04月21日 18:33
私にとっては初の(年下の)後輩です。力になれることがあれば、どんどんサポートしていきたいと思います。
松戸解剖
2008年04月21日 18:59
サンキュウ、ミスター・アデレード
力強いお言葉ありがとうございます。大学院性1人になりますので、年齢の近い人のアドバイスは助けになると思います。よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック