扁桃とアーモンド

画像


今日は桃の節句です。桃という字のつく部分が人体の中にあります。そうです。扁桃腺とか扁桃と呼ばれるリンパ系の組織です。

扁桃は中国語ではアーモンドのことを指します。アーモンドの表面の凹凸の感じが扁桃の表面形態に似ているのでこういう名前がつきました。


扁桃のうち口蓋扁桃、舌扁桃、咽頭扁桃はまとめてワルダイエルの咽頭輪 Waldeyer's tonsillar ring と呼ばれており、口腔、鼻孔から吸引した異物が咽頭に到る前に免疫応答できるような配置をしています。耳管内口周辺粘膜下には耳管扁桃が存在し、耳管への異物の侵入を防ぐと考えられています。

上の写真は一昨年オーストラリアのアデレードに行った時に見た、アーモンドの木です。花は桜の花にとても良く似ていました。背景に見えるのは有名なワインの産地バロッサバレーのブドウ畑です。

バラ科・サクラ属の木で、中国語では扁桃と言ったり、 巴旦杏と言ったりします。ヨーロッパでは 地中海沿岸から黒海にかけて自生しているそうで、食用のスイートアーモンド(甘扁桃)と薬用のビターアーモンド(苦扁桃)の2種類があるそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 扁桃とアーモンド 森を歩こう人体編/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-06 09:50