新年の行事 護国寺参りと年頭会同

画像


昨日は日本大学全体の仕事始めの日でした。市ヶ谷の日本大学本部で年頭会同と呼ばれる新年の集まりがありましたが、それに先駆けて、文京区の護国寺にあります学祖・山田顕義先生のお墓と、学部の創設者鈴木勝先生のお墓に学部の執行部の方々と一緒にお参りしました。

画像


上は山田顕義先生と山田家の墓所です。護国寺の山門から階段を上がり、いくつかの建物を通り越した一番奥にあります。20年ほど前の日本大学100周年の時は、墓所の工事と改築がありました。山田顕義先生につきましては10月4日のこのブログでも紹介済みです。

画像


上は鈴木勝先生の墓所です。先生は日本大学総長を務められ、同時に昭和46年、松戸歯学部を創設しました。松戸歯学部のキャンパスに銅像がありますので皆さんご存知かと思います。

画像


護国寺には歴史上有名な人のお墓もあります。上は早稲田大学の創設者・大隈重信の墓所です。早稲田大学関係者も時々ここに見られます。

画像


上は日本大学本部講堂における年頭会同の様子です。各学部や付属校などから多くの人が参列しました。総長の年頭所信表明では、日本大学の新しい研究戦略やお茶の水キャンパスの将来計画などが語られました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック