牧師と神父

画像


  今週は毎日、献体者の遺骨をご遺族に返還しています。昨日遺骨の引き取りに来られた方はキリスト教の牧師さんご夫妻でした。故人の友人に当たる人で、身寄りがなく長く闘病された故人を最後までお世話し続けた方です。信仰を実践される宗教者に頭が下がりました。

  話が弾んで、私が「ところで牧師さんはカトリックですか、プロテスタントですか。」と質問しました。お答えは「プロテスタントです。T市で小さな教会をやっています。」とのことでしたが、後で同席していた解剖学の講師の先生に「先生、牧師といえばプロテスタントに決まっていますよ、カトリックの場合は神父というのです。」といわれてしまいました。この年になって初めてその区別を知りました。恥ずかしいことです。それにしても牧師さんご夫妻と献体をしていただいた故人の方に深く感謝いたします。

この記事へのコメント

ぽん太
2007年03月02日 16:44
早速の書き込みです(^O^)/

数年前に教授のもと解剖実習に参加しましたが、
献体をされる方、そのご遺族には本当に頭のさがる思いですm(_ _)m
その方たちのご好意に報いるためにも、
勉強がんばります・・・(;_;)

私もカトリックとプロテスタントで呼び方が違うの初めて知りました!
宗教の事柄って深いですね。

松戸解剖
2007年03月02日 17:17
国試も終わって卒業旅行の頃かと思います。これからもこのブログ、よろしくお願いします。
ふせ
2007年03月07日 13:19
 英語だと,どんな表現なんでしょう。Oxfordの英英辞典なぞを参考にすると,ministerが牧師さんで,priestが神父さんに相当する単語でしょうか?もっと一般的には,聖職者clergyと言った表現もあるようですが。お国によっても微妙な違いはあるようですが,僕はそんなに語学力が無いので関係ないですが(^^;
 間違えても,悪気がなければ,許してもらえると嬉しいっす。
松戸解剖
2007年03月14日 17:19
ふせさんありがとうございました。
確かに一般的にはそんなに厳密な区別はないのかもしれません。ただキリスト教関係者は区別しているようです。
下顎隆起を探して三千里
2007年03月15日 17:23
ブログ開設おめでとうございます!
愛犬リーベちゃんの写真が、心癒されますね。
後ればせながら、コメントさせていただきます。
神父さんと牧師さんの違いって、一般の方にはあまり知られていないですよね。
私も、中学生のときに読んだ「笑うミカエル」というマンガを読んで、初めてその違いを知りました(笑)
ミッション系のお嬢様女子高が舞台で、すごく面白いマンガでしたよ。
最近映画化もされたようです。
私がお嬢様学校と世間では言われていたミッション系の女子高に行ったのも、このマンガの影響が大きいような…。
残念なことに、私が行った女子高は、中身がお嬢様とは程遠い学校でしたけど。
男子学生の目がないのをいいことに、女子のたしなみはどこへやら…。
それでもまあ、楽しい女子高生活でした。
もう大昔のことですけど。
話が随分それてしまいました。
献体して下さった方に感謝と尊敬の念を抱きつつ、このあたりでコメントを締めくくらせていただきます。

男子学生の目がないのをいいことに、女子のたしなみはどこへやら…。
下顎隆起を探して三千里
2007年03月15日 17:29
一つ前のコメントで、最後に余分な文章が入ってしまいました。すいません、そこだけ削除して下さい!
松戸解剖
2007年03月16日 09:55
下顎隆起さん、ありがとうございました。
女子高って経験ありませんが(当然!)、憧れますね。私のマンションの隣が某有名女子高です。朝、彼女らの通学の列に逆行して通勤しています。

この記事へのトラックバック