アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「卒業」のブログ記事

みんなの「卒業」ブログ


戦い済んで

2017/03/18 10:31
画像


国家試験が終わりました。皆よく頑張りました。自己採点してもらいましたが、結果は概ね良好です。28日の合格発表が楽しみです。

引き続いての卒業式も無事終わりました。過去最高の143名へ卒業証書を渡し、へとへとに疲れましたが、皆さんの嬉しそうな顔、真剣なまなざしを見ていると、そんなことも言っていられません。
改めて、卒業おめでとう。みんな、色々あったけど、戦いは終わったー。みんなよくやったー。 

画像


柏のクレストホテルでは謝恩会が行われました。143名の卒業生が昼間とは打って変わって、あでやかな姿となり、我々教員や、外部の講師の先生方を招いてくれました。3年間の思い出を語り、笑あり、涙ありの賑やかな謝恩会となりました。よく面倒を見た学生がこうして立派に卒業するのを見るのは本当にうれしいですね。 
北原先生(中央) 中村先生(顧問、左) 私(右)


画像


もうひとつ終わることがあります。実は、この31日をもちまして、私は70歳の定年により校長職を引退します。弱った細胞を排除し、元気のいい細胞が育って組織が維持されるのが生命体の基本です。人間の社会も同じです。常に新陳代謝をして社会の活性化を図る必要があります。
後任は日本大学松戸歯学部を退職する衛生学の那須教授です。北原学院の一回生からずっと教えてきた、学院のことをよく知っている先生です。専門も衛生学ですから、歯科衛生士の学校にとっては適任だと思います。

今後、私は名誉顧問という形で学校の運営のアドバイザーとなります。北原学院千葉校も来年開校となりますのでその準備もあります。教科の解剖学については引き続き教えてゆきます。また、国家試験の基礎系科目の特別講義についても引き続き受け持つことになっています。

というわけで、学院にはこれからもかかわっていきますが、とりあえず校長という職からは離れるということで、これについても、戦いは終わったー、という気持です。  

校長職はそれ自体忙しいということはありませんが、学校全体の責任者ですので、常に色々な気配りが必要ですし、事故等への対応もしなければなりません。学校にいるときはもちろん、学校にいないときでも、学校のことを考えていないとなりません。学校は先生と学生の真剣な教育の現場です。学生の様々な悩みにも応えなければなりません。本当の戦のような殺伐としたことはありませんが、ある意味で学問と教育の戦場といってもいいでしょう。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ、という言葉があります。
Old soldiers never die, they just fade away.

私も長い間第一線で頑張ってきました。しかし、そろそろ役割を終える時が来ました。今後は静かに、舞台の袖から後続の兵士たちの活躍を見たいと思います。

長い間ありがとうございました。昨日、進級発表の日、各クラスで学生たちに今後の学生生活へのメッセージを送りました。そのお返しに花束をいただきました。ありがとうございます。形としてはこうなりますが、気持ちとしては私こそ感謝の念でいっぱいです。この花はそういう感謝の気持ちの結晶だと思います。

学生達の勉学成就、教職員のますますのご活躍を心から祈っています。

画像


上は春になってガーデンレディーたちが学校前のミニガーデンに植えてくれた花です。学校を陰から支えてくれる彼女たちにも感謝です。



















記事へかわいい ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 8


合格ケーキ

2013/02/27 12:22
画像




歯科衛生士国家試験がいよいよ3月3日に迫りました。

北原学院では26日に受験に必要な書類の配布を行い、合わせて激励会を催しました。

今年は70名の3年生が一人の留年もなく、全員卒業しました。この勢いで、全員が国家試験に通ってほしいものです。
その際学生たちに配られたのが上の「合格ケーキ」です。
北原歯科医院の近くにあるケーキ屋さんでここ数年、特別に作ってもらっているイチゴのショートケーキです。

さあ、これを食べて、国試を突破しよう。

2月とはいえ、寒い日が続いています。スミレは咲いていますが、サクラはまだ咲いていません。
合格して「サクラサク」の電報をもらいたいものです。

あと、4日間。最後の追い込みだ。頑張ろう。



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0


ボート部歓送迎会

2008/03/18 17:09
画像


日本大学ボート部の歓送迎会があり、部長として出席しました。上は送られる卒業生たちに次期キャプテンが送辞を読んでいるところです。

今年の卒業生は全日本学生選手権(インカレ)総合優勝とエイト2連覇の立役者たちです。早稲田、慶応、東大、京大など並み居る強豪を制しての2連覇は日本大学のボート部の歴史に残る偉業です。今日はユニホーム姿でなく、ブレザーでしたが、背の高い選手たちはカッコよく決まっていました。

卒業後、実業団で漕ぐ人もいれば、しばらくはボートを忘れて仕事に入る人もいます。ともあれ、皆、就職も決まり、本人たちは勿論、OB達もホッとしました。4年間ご苦労様でした。

Bon voyage. ボン・ボヤージュ、フランス語で旅立つ人や卒業する人に贈られる門出の言葉です。直訳は「無事な航海でありますように」ということです。ボート部卒業生にはこれが似合いますね。

画像


出る人がいれば、入る人もいます。4月からボート部に入ってくる新入生たちです。監督がひとりひとり、出身校や漕歴(ボート競技歴)などを紹介しました。皆インターハイや国体で活躍した高校生ばかりです。

日本大学には保健体育審議会という組織があり、スポーツ選手を育てています。オリンピック級の選手たちもたくさんいて、日本大学の充実した施設を利用し、優れた指導を受けています。ボート部の学生たちもここに所属して、これから大学のため、日本スポーツ界のため練習に励むわけです。

歓迎会の華やいだ雰囲気ですが、新入生たちには「がんばれよ」と声をかけずには居られません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「卒業」ブログ

カウンター
森を歩こう人体編 卒業のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる